審美歯科とは

自然で美しい口もとを手に入れる審美歯科

審美歯科は、審美という言葉の意味合いが深く、捉える方のイメージでかなりの違いが出てくるのではないでしょうか。ご自分のイメージを、できるだけ歯科医師にわかりやすく伝えることが重要になります。
ご自身の生まれ持った歯自体をより一層白いきれいな歯にする方法(ホワイトニング法)。先天的に変色してしまっているテトラサイクリン歯のような、茶色く筋が入ってしまってホワイトニングでは解決できない歯牙に関して、歯の表面を一層削ってセラミックの薄いシェルを貼り付ける方法(ラミネートベニア法)。歯冠部のむし歯などによる崩壊を修復するジルコニアクラウン。前歯部欠損部をジルコニアクラウン・ブリッジで修復する方法。極力隣在歯には切削などのダメージを与えないインプラントなどがあります。

当院では、画一的な美しさを求めるのではなく、患者様個々の美しさを求めることを目的としております。白いセラミックを用いた補綴(ほてつ)治療をはじめ、歯を白くするホワイトニングのほか、美しくなった歯と歯茎を覆い隠す、お口まわりの周囲組織にまで気配りを行い、ダーマスプリング、ヒアルロン酸注入、ボトックス治療など、幅広い施術に対応しています。口もとにお悩みがある方は、一度当院までご相談ください。

歯のマニキュア

この方法は、基本的な考え方は、ネイルマニキュアと同じようにお考えください。歯の表面に0.2~0.3mmのコーティング層を持つマニキュア剤で、歯の表面をコーティングすることで、歯を白く見せることが可能です。大切な予定を控えている方におすすめです。

耐久性は約1カ月。はがすときには、専用の器具にて簡単に剥離除去が可能です。歯に対してダメージを与えることは一切ありません。当院では、1歯2,000円(税抜き)で行っております。なお、マニキュア処置に関して、簡単な茶渋などの沈着物の除去費用は含まれておりますが、歯石除去なその治療行為が必要な方は、別途保険診療費用と即日のマニキュア処置ができない可能性があります。

ただ、予定の行事(結婚式等)が終了次第、はがす必要があります。歯のマニュキュアは、継続してやり続けることはできません。

上顎前歯 歯のマニキュア術前 術後
施術前 施術後
費用
\2,000/1歯

ホワイトニング法

歯の構造は表面が硬くて透明な「エナメル質」、その下の黄色い「象牙質」、そして中心にある「歯髄」の3層構造をしており、ホワイトニングでは、お薬でエナメル質の透過度を変えることで、中に透けて見える象牙質の色を白く見せるという処置になります。当院では、作用の穏やかなホームホワイトニングを採用しております。 初回費用としまして、ホームホワイトニング・カスタムトレーとブリーチングジェル12本(約1カ月分)で1万円(税抜き)。その後、ブリーチングジェル追加費用として、ジェル12本で1万円(税抜き)で行っております。

術前 2W後
施術前 施術後
費用
[初回費用]
ホームホワイトニング・カスタムトレー
ホワイトニングジェル12本(1カ月分)
¥15,000(税抜き)
[追加費用]
ホワイトニングジェル12本(1カ月分)
¥10,000(税抜き)

ハイブリッド・アンレー&インレー法

奥歯の初期むし歯の修復方法のひとつとして、メタル修復(銀歯など)によるインレー&アンレー法が主流です。その状態が左写真です。患者様のご希望により、下の奥歯でも相手に銀歯が見えてしまうのが気になるとのことで、白い歯にして欲しいとのことでした。

このケースの場合、現在では、硬い硬質レジンとセラミックをコンポジット(混合)にした修復物が開発され、右写真のように、歯牙と同じ色をしたインレー&アンレー法として治療が可能となり、社会的ニーズの高まりにより、メタル材質のものからハイブリット型の歯と同じ色をした修復物に変わりつつある状況です。

ただしこの方法は、保険外診療となりますので、歯牙の覆う面数により治療費が異なります。

術前 術後
施術前 施術後

ジルコニアクラウン・ブリッジ

ジルコニアは名前の通り人工ダイヤモンドですので、従来のメタルボンドよりも固く、ジルコニアとセラミックの接合状態もメタルとセラミックの結合より強固です。また、人工骨頭にも使われる生体親和性に富んだ材質ですので、審美性・耐久性・生体親和性にすぐれた夢のような素材です。スペースシャトルの断熱保護材などにも用いられており、過酷な状況下でも強度、耐久性・耐腐食性にすぐれていることが実証されています。

術前

初診時

術後

初診時

当院におけるジルコニアクラウン症例

症例1(前歯部のケース)

上顎前歯左右1・2番の歯牙が、神経が死んでしまい変色歯となり、口蓋側転移を気にしておられ改善して欲しい。そのほか、全体的に歯牙が黄ばんでいるので、ホワイトニングにより白くならないでしょうかとの主訴と要望でした。

そこで、直ちに臼歯部の単純なカリエス処理を取り行った後に、上顎の左右1・2番の根管内清掃治療を行いながら、その間、前歯がない期間を作らないように仮歯を製作させていただき、完璧に根管内がきれいになるまで仮歯で過ごしていただきながら、下顎全体歯牙のホワイトニングに着手いたしました。平行して処置を行いましたので、時間をロスすることなく、2週間ぐらいで見違えるほどの下顎のホワイトニングが進み、その色に合わせて、上顎前歯部のジルコニアクラウン治療を施行させていただきました。

上顎前歯部のジルコニアクラウンを、下顎のホワイトニングによりきれいになった色調に合わせて作成してから、最後の仕上げに上顎犬歯以降の歯牙へのホワイトニングを施行することで、患者様のご満足度を得られたケースです。

初診時
初診時
下顎ホワイトニング完了状態
下顎ホワイトニング完了状態の色に合わせた上顎2112ジルコニアクラウン装着時
ジルコニア補綴&そのほかの上顎歯牙のホワイトニング完了時
前歯左右2112ジルコニア補綴&そのほかの上顎歯牙のホワイトニング完了時
症例2(臼歯部のケース)

こちらの患者様は治療中に金属アレルギーが発覚したため、ジルコニアクラウンによって治療させていただいた症例です。右の写真、クラウン内面のジルコニアの色を良く見てください。ジルコニアというので人工ダイヤモンドの宝石色を連想される方もいるかと思いますが、どちらかというと、象牙色に近い黄土色をしております。右写真の咬合面観は、ジルコニアの上にポーセレン(セラミックス)を焼き付けて、仕上げた状態です。天然歯とほとんど見分けがつかない仕上がりです。下の写真は口腔内に装着した状況です。金属アレルギーの患者様はご自身の唾液に触れる部分の金属をなくすことが重要です。また、お写真からもわかるように、口腔内の金属がなくなると口腔内全体が明るい印象になります。

昔はメタルボンド・ポーセレンクラウンと呼ばれる内部が金属のクラウンが主流でした。しかし、時間の経過と共にマージンライン(歯と歯茎の境目)が黒く、メタルラインが出てきてしまいます。また、周りの歯肉の色も若干紫色になってきてしまうのです。現在、セラミック処置としてはどちらの方法も最先端のセラミック技術ではありますが、ジルコニアクラウンの方が審美的にも生体親和性にも優れていると言えます。

口腔内装着時咬合面観
口腔内装着時咬合面観
ジルコニアクラウン内面ジルコニアコアの色に注目
ジルコニアクラウン内面
ジルコニアコアの色に注目
ジルコニア補綴&そのほかの上顎歯牙のホワイトニング完了時
ジルコニアクラウンの咬合面観
症例3(2歯欠損ブリッジ症例)

歯根破折により上顎全体の再治療を行った症例です。術前に装着されていたブリッジをお外しすると同時に、機能性と審美性の回復を図った仮歯のブリッジを装着した状態で帰宅していただきました。

その状態で、抜歯した部位が固まる期間3~4カ月を仮歯でお過ごしいただけまして、十分に抜歯したところが退縮しない状態に固まる期間を取らせていただき、その期間にお口の中全体の腫れている歯周組織の安定を図る歯周治療を行ってから、最終的な審美的ジルコニア・プリッジを製作させていただきました。

術前と術後の写真を比較していただくと一目瞭然だと思います。口蓋側面観の写真でジルコニアフレームが白色で境界がご理解いただけると思います。ジルコニアという人工ダイヤモンドの強度があるからこそ、これだけのロングケースでも、オールセラミック処置で破断することのない治療が可能となりました。

ジルコニア・ブリッジ術前
ジルコニア・ブリッジ術前
同症例の口蓋側面観
同症例の口蓋側面観
ジルコニア・ブリッジ術後
ジルコニア・ブリッジ術後

歯の着色について

基本的に歯の着色の原因については、大きく4つに分けられます。歯の表面の着色、細菌系付着物、歯の内部構造の着色、むし歯や詰め物、被せ物の変色です。

歯の表面の着色

タバコのヤニや茶渋、コーヒーなどの食物系の色素が歯の表面に付着したものです。クリーニングによって色素を除去することで、元の色を取り戻すことができます。しかしながら、歯の表面にできた微細なひび割れに、色素が入り込んだものは簡単に除去できない場合があります。これの解決方法は、クリーニングだけではなく、ホワイトニングなどを取り入れる必要があります。

細菌系付着

細菌の集合体であるプラークや歯石により生じるものです。とくに歯周ポケットの中で歯肉に炎症を起こし、出血の原因になっている歯石は、歯肉を黒く変色させます。これは歯石除去をしてもらうと簡単に除去することができます。

歯の内部構造の着色

象牙質の色が元々濃かったり、加齢により黄ばんだために歯の色が濃く見えるものは、ホワイトニングにより改善します。また、テトラサイクリンという抗生物質を8歳までの歯の形成時期に服用した場合にも特有の変色を示します。

クリーニング

歯の表面に付着した色素成分を落として、その人本来の歯の色を取り戻していただく方法です。具体的には着色を落とし、色素の再付着を抑えるために、歯の表面を研磨しますが、歯を削る治療ではありません。

歯の表面の着色

タバコのヤニや茶渋、コーヒーなどの食物系の色素が歯の表面に付着したものです。クリーニングによって色素を除去することで、元の色を取り戻すことができます。しかしながら、歯の表面にできた微細なひび割れに、色素が入り込んだものは簡単に除去できない場合があります。これの解決方法は、クリーニングだけではなく、ホワイトニングなどを取り入れる必要があります。

また、ステインというタバコのヤニや茶渋などを落とすもので、歯本来の色が濃い色の場合にはホワイトニングを行わなければ「白い歯」にはなりません。クリーニングを行うことにより、歯の着色が取れるだけではなく、歯の表面がツルツルになり、お口の中がスッキリ、リフレッシュします。汚れが付着しにくくなるため歯周病予防にも効果があります。

美容歯科について

当院では「歯」だけでなく、口もと全体の美しさを追求するために、次のような施術も行っております。くわしい内容については、お気軽にお問い合わせください。

ヒアルロン酸注入
  • 術前
    術前
  • 術後
    術後

入れ歯や抜歯の際にできた口もとのしわ、加齢によるほうれい線やマリオネットラインを改善するために、ジェル状のヒアルロン酸を注入する施術です。美しくうるおいに満ちた口もとを取り戻すことができます。

ボトックス注入

咬筋や周囲筋に、ボツリヌス・トキシンを注射することで筋力を減衰することにより、リラックスさせる施術です。これによって、食いしばりや歯ぎしりによる歯や顎関節への負担を軽減させ緩和させる効果が期待できます。二次的な効果としてあごのエラの張りが減少し小顔効果が期待できます。

ダーマスプリング
  • 術前
    術前
  • 術後
    ダーマスプリング施術後
  • ダーマスプリング&ヒアルロン酸術後
    ダーマスプリング&
    ヒアルロン酸術後

ダーマスプリングとは、コラーゲンのコイル状(スプリング)になった医療用の糸を使用しバネの力で、たるんでしまった部分をしっかり引き上げることでたるみを減少させ自然な感じに仕上げます。歯科においてはほうれい線の改善に対応しております。ダーマスプリングの糸が留置された部位付近のコラーゲン増加を促し、ボリューム感が増します。

市場町デンタルクリニックの診療予約はこちら